Serumインストール時の日本語パスによるエラーについて

Serumのインストールは中々うまくいかないらしい。Twitterで "Serum インストール" で調べると特にWin10勢はOneDrive関係でエラーが出るらしく阿鼻叫喚の様相を呈していた。

私のOSはWin8.1なのでOneDrive関係でのエラーは出なかったが,日本語ユーザー名であるがゆえに日本語パスが読み込めないことによるエラーが出た。幸いTwitterでこのエラーについて検索しているとこのページ(https://chilloutwithbeats.com/serum-most-likely-error/?amp=1&__twitter_impression=true)を見つけ,解決方法が叮嚀に載っていたので数時間PCの前で延々唸ることなく済んだ。Googleでまともに検索して解決策が出ない場合はTwitterを調べてみると意外とヒットしたりする。

上記サイトに従って,私の場合はC¥Program files(x86)¥VSTPlugIns¥にPresetを移植したが,起動時に未だ "Most likely..." のエラーが出て当惑した。しかし音は出たので一見特に問題なく思えたが,暫く使う内にプリセットの書き出しができないことに気付いた。ファイルのアクセス権限の問題のようだった。日本語パスのフォルダには保存できなかったので,一度Cubaseを終了し管理者権限で再起動してみると,Most likely..のエラーも消え無事プリセットの保存もできるようになった。

やはり日本語ユーザー名は海外製プラグインの導入で面倒なことになりがち。パソコンを買った時に姓名を馬鹿正直に漢字で入力した弊害が出ている。パソコンの初期設定は気をつけたい。

【新曲】千葉ロッテマリーンズのチャンテ5をEDMにしてみた

https://youtu.be/qaBYJ_DnHAQ

というわけで新曲を公開したので自分用の備忘録を兼ねて着想とか工夫した点とかを書き残しておく。

 

まず着想としてはかなり前の段階からあった。私がプロ野球を観始めたのが3年前の2018年のシーズンだが,初めてロッテのチャンテ5がテレビ中継で流れた時に「何だこれは…かっこ良すぎる…」と鳥肌が立ったのを鮮明に覚えている。ロッテの応援団は12球団で一番と言って良いほど応援の声量が大きい(と思う)ので,やはり力強さがある。メロディ自体も燃える系かつちょっぴりエモい系な感じでかっこいい。そういうところが好きになった。

以来12球団の応援歌で一番好きな曲で,いつかはリミックスしたいなあと考えていた。

 

そして最近形にすべく作り始めたが,いざ作り始めるとノリノリになって楽しくなって完成まで割とあっという間だった。CymanticsがCOVID-19のセールで色んなサンプルパックを無料で頒布していたのだが,その時に落とした6GBに及ぶ膨大なサンプルが創作意欲を駆り立たせてくれた。マジでありがとう…Cymantics…

 

【キック】

ドロップのキックはダブステップ用のキックがしっくりきたので使ってみた。前作の約束の彼方(CUE-JIT Remix)でドロップのキックのローがブーストしてもなお足りてない気がしていたので,最初からローがそこそこあって重くて硬すぎないリリース長めのキックを選んだ。今回のキックはローもリリースもまあまあいい感じだと思う。

 

【ベース】

ベースはミッドとサブの棲み分けを意識した。Ozoneイコライザーで慎重にカットした。サブが抜けるように序盤のキックの低域の一部を削ったりもした(40Hz以下)。ドロップのキックは削ったら台無しなので何もしていない。サブベースとキックはサイドチェインで完全に分離した。サイドチェインはオートメーション描くのがオススメです。結局コピペするから楽なんよね。あとEDMのグルーヴ感はサイドチェインで決まってくるので自由自在にいじれるオートメーションはやはり最強。あとサブはmonoに,ミッドはstereoにした。ベースのステレオ感の棲み分けはC-showさんのDTM動画でやっていたので真似た(あそこまでではないが)。ちなみにMKさんのDTM動画ではサブをstereoにしていたりしたので,低域ほどmonoに高域ほどstereoにという教条主義的な考えには拘泥せずアレンジメント次第で柔軟に考えるべきだと思う。

 

【全体のミックス】

今回の曲は空間調整がめっちゃうまくいったと考えている。これまでmixでは音域の棲み分けとかステレオ感とかそういうのばっかり気にしていて空間というものに向き合っていなかった気がするが,reverbやdelayを使って奥に引っ込める音を考えるという基本に立ち返ってみることでうまくEDMっぽい密なサウンドにできたかなと思う。MKさんかC-showさんか忘れたがDTM動画で「Reverbで空間を埋めていきます」みたいな説明があってそれが印象に残っていた。今回は応援歌をサンプリングしてめちゃくちゃ深いリバーブをかけていて,応援歌が流れる箇所は基本的にそれが奥に位置している感じになっている。応援歌が流れていない箇所はその都度奥に詰める音を決めた。padにリバーブかけたり,lpfしてるリードシンセにディレイかけたり。空間系エフェクトかける前と後を比べるとやっぱり全然密度が違う。空間系,大事!ちなみにTipsだが元から片耳に偏ったサンプルは深めのリバーブをかけると定位が気にならなくなる。応援歌のサンプルがだいぶ右に偏っていてその処理に苦労していたが,リバーブが解決してくれた。

あとドロップに入った瞬間にOzoneのmaximizerのthresholdを下げた。これは前作の約束の彼方(CUE-JIT Remix)でもやったやつだが,やっぱりEDMはドロップの音量がでかいほど(ビルドアップまでの音量と差が大きいほど)最高になる。Aiobahnのここにいるとか特に露骨だが,色んなEDMを聴いていてそういう意識を感じる。

あとOTTは神だがOTTは音量喰うのでかけた後のカッティングはちゃんとしないといけない。SoundGoodizerはあんまり音量喰わないので特にリードシンセとかに使える気がする。

 

ハイハット

ハイハットはCymanticsのmothershipうんたら3種類にお世話になった。落としたサンプルパックをサーフィンしていてたまたま見つけた音なのだがめちゃくちゃ抜けが良くて感激した。こういうのが欲しかったんやワシは。今までなかなかハイハットで良い音が出せず悲しかったのが一気に解決した。今後はこればっか重用する気がする。ハイハットは24分でシャッフルしてベロシティで強弱を弄って自然な感じにした。

 

【プラック】

個人的お気に入りポイントとしてdropに入る前のプラック2種類がある。単音でなってるやつはkors_kさんが配布していたsylenth1のプリセットバンクのinsane techniquesのプラックを使った。のっぺりプレーンな音だけどリバーブかけてcutoffを広げていくとすごく味のある音になった。やっぱりプロの作る音は凄い。あとスタックっぽい和音で鳴ってるプラックはネットの海から拾ってきたプリセットバンクのプリセットから自作した。こういう広げていく系は元の音が大事なのでプラックを目掛けて音をつくるのではなく元の音から選んでプラックをつくる意識が大事そうだと思う。

 

【リード】

リードシンセはうねりを大事にした。具体的にはピッチベンドを多用した。特にSnail's HouseやDAの曲を聴いてると顕著だが,リードシンセのうねりがグルーヴ感やエモさを生むので大事にしたい。

あとは裏でプラックで同じメロディを鳴らした。ただしこっちは装飾音符多めにした。装飾音符はあるとないとでシャレオツ感がまるで全然変わるので大事にしたい。Taku Inoueのクレイジークレイジーなんか開幕の8小節で一体いくらの装飾音符があることやら。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

(2020.9.12 追記)

なんとMKさんからこの曲のFeedbackを頂いてしまった…!

https://youtu.be/UF1PpRxrydw

 

before/afterを聴くと低音域の存在感の差が歴然。プロのミックスの凄さを改めて感じた。

MKさんから頂いた具体的なアドバイスとしては,全体として重心が高いかもという指摘。この曲のドロップ,プロの曲と比べると何かダイナミズムが足りない気がしていて,拙いマスタリングに問題があるのでは?と考えていたけど,「ミックスちゃんとすればマスタリングは音圧上げくらい」「EDMのダイナミズムは低音から来ると考えている」という意見を頂いてなるほど〜〜となった。やっぱりプロはこの辺りの低音への嗅覚(というか聴覚?)がすごい。

低音の処理については,キックがだいぶ自分の中でおざなりになっていることにはっと気付かされた。これまでベースやサブベースのローエンド,あるいはそれらとキックとの棲み分けばかりを気にして,キック自体の低音域の鳴りやトランジェントについてはあんまり真剣に向き合っていなかった。

あと印象深かったのが,サチュレーター系プラグインの効果が凄い。自分はこれまであまりサチュレーターを使ったことがなく,何となく挿して何となく太くなったような感じになって満足するようなレベルだったので,これからは真剣にサチュレーションに向き合って色々と研究してみたいと思った(Saturnほしい)。

他にも色々と勉強になることだらけでやばい(他の人の曲へのFeedbackもめちゃくちゃ面白い)ので,これを一つの教材として色々試していきたい。

Cubase 8.0がプロジェクト終了時にクラッシュする問題の回避策

Cubase 8.0が昨日の深夜あたりからプロジェクト終了時にクラッシュするようになった。

「深刻な問題が発生しました:プロジェクトを別の名前で保存し、Cubase8.exeを起動し直してください。この問題が繰り返し起こる場合は、問題が発生したときに行った操作の説明と、作成されたファイルを添えてSteinbergのテクニカルサポート部にコンタクトをとってください。[クラッシュファイルのパス]」

このようなウィンドウが毎度出てしまう。しかしプロジェクトはきちんと保存されていた。

一日経っても一向に治らず気持ち悪くなったので色々と試してみた。

まずクラッシュし始める少し前に導入したKeyzoneClassicをVSTPluginsフォルダから一旦移動してCubaseを再起動してみたが,依然としてクラッシュした。どうやらプラグインの問題ではないようだった。

続いてオーディオインターフェースやeLicenserの差し直し,ASIO-Driverやオーディオ優先度の変更など色々試したが直らなかった。

そこでインターネットを漁った結果,Cubase公式のフォーラム(ユーザー掲示板)に次のスレッドを発見した。

Why does Cubase crash when closing a project? - www.steinberg.net

この中に,

I used to have this problem on 7, not 7.5 and not 8. Wasn't related to plug-ins. It happened on Windows every time I tried to quit Cubase using the standard Windows 'x' button on the top right of the main Cubase window. Didn't happen when I went File>Quit.

という書き込みがあった。私もプロジェクト終了時×ボタンでなくファイル→終了とやってみたところ,クラッシュしなくなった。どういうことw

 

取り敢えずは×ボタンを使わなければ全く問題なさそうなので安心した。この記事をご覧の方で上記と同様の症状が出ている方がもしいたら,何か根本的解決策をご存知でしたらコメントで教えて下さい。

カフカス旅行記 9 【グルジア】バク~トビリシ,ゴリ

カフカス旅行記8の続きです。

最初からはこちら(カフカス旅行記 1 【グルジア】トビリシ~ボルジョミ - ながさっちゃんぽん

 

2020/2/25 バクー~トビリシ,ゴリ

 

7:10,アゼルバイジャン側国境のBöyük Kəsik駅に到着。7:20,出国審査。二等寝台コンパートメントの一つが即席のイミグレとなり,一人ずつ呼び出された。この間にシーツが回収された。

8:05,Böyük Kəsik駅を定発。

f:id:qjitai:20200225074613j:plain

同室のグルジア人が窓を見てみろというので覗いてみると朝焼けだった。国境の鉄路の朝焼け。

8:30,国境を跨いでグルジア側国境のルスタヴィ駅に停車。暫くして入国審査。同室のグルジア人はスーツケースを隈なく調べられていたが,自分の荷物はチャックを開けられた程度だった。

かなり時間を要したのか,10:00に25分遅れでルスタヴィ駅を発車。同室のグルジア人が私の読んでいたニューエクスプレスロシア語を手に取り興味津々の様子だった。ニューエクスプレスグルジア語を取り出して見せると,(皆ロシア語が話せるのでグルジア語は)必要ないぞと言われた。

11:00頃,トビリシ中央駅到着。トビリシから車で一時間程の所にあるゴリへ行くことにした。駅で余ったマナトをラリに両替し,各地へのマルシュが出ているディドゥベへ地下鉄で移動。

ディドゥベに着いてゴリ行きのマルシュを探すも,やはり物凄い数のマルシュの中から簡単には見つけられなかった。人に聞くとあっち指したりこっち指したりとまちまちで迷ったが,大声で「ゴリゴリゴリゴリゴリ~!」と叫んでいる運転手を発見し無事に乗車できた。幸い私が乗った時にはほぼ満員だったので,乗車して間も無く発車した。

12:33,マルシュ出発から1時間ちょうどでゴリに到着。目的地のスターリン博物館の北側を通るタイミングで「ここで降ろして欲しい」と言うと降ろしてくれた。恐らく終点まで乗車すると川沿いのCentral Bus Stationまで行ってしまう。

スターリン博物館から少し歩いたレストランで昼食。

f:id:qjitai:20200225130816j:plain

ツィナンダリを注文したが品切れで,代わりに出してくれたのがこのTELURIというワイン。めちゃくちゃ飲みやすかった。

f:id:qjitai:20200225133520j:plain

アジャリハチャプリ。でかいのでこれ一つで昼飯として充分適量。

f:id:qjitai:20200225134023j:plain

シュクメルリ。初日にボルジョミで食べたシュクメルリは汁がサラサラの液体だったが,こちらは汁がタルタルソースのような感じでよくチキンに絡んだ。松屋のシュクメルリはこちらのタイプに近いと思う。ニンニクが効いており大変うまい。グルジア料理最高。

昼食後,ゴリの街を散策開始。まずは城砦に向かうことにした。

f:id:qjitai:20200225143040j:plain

Nikoloz Baratashvili公園。

f:id:qjitai:20200225143358j:plain

ゴリ城砦。既に最高の予感。

f:id:qjitai:20200225143810j:plain

いい感じ。

f:id:qjitai:20200225143907j:plain

南側を俯瞰。

f:id:qjitai:20200225144215j:plain

十字架が立っている。

f:id:qjitai:20200225144611j:plain

北西方向を俯瞰。左奥に青く見える山々はもう南オセチアである。いつか行ってみたい。

f:id:qjitai:20200225144708j:plain

西側。ゴリ城砦の頂上は経験したことのないくらいの暴風だった。日常的にこの辺りは暴風が吹くのか,山上に風車が建っている。

城砦を下りてスターリン博物館へ。

f:id:qjitai:20200225145943j:plain

スターリン博物館。ゴリはスターリンの出生地である。

f:id:qjitai:20200225150830j:plain

若かりし頃(15歳前後)のスターリン

f:id:qjitai:20200225151504j:plain

こういった絨毯が無数展示されている。

f:id:qjitai:20200225153237j:plain

万寿無疆。

f:id:qjitai:20200225154151j:plain

最大のお目当てのスターリン専用客車。外観だけなら入館料を払っていなくても見れるが,入館料を払っていると中も見学できる。

f:id:qjitai:20200225154434j:plain

随所に使われている木と赤絨毯が高級感を匂わせる。

f:id:qjitai:20200225154449j:plain

付き人の部屋は至って簡素。

f:id:qjitai:20200225154528j:plain

スターリンの部屋に風呂まで付いていて驚いた。ベッドや卓は隣の部屋にある。

f:id:qjitai:20200225154621j:plain

一番奥は会議室。

f:id:qjitai:20200225154821j:plain

窓枠が不規則で特別車輛感がある。

f:id:qjitai:20200225155006j:plain

スターリンの生家。

f:id:qjitai:20200225155037j:plain

ゴリの人々はスターリンに対しどう思っているのだろうか。地元の生み出した「ソ聯の」偉人であって,現在の憎きロシアとは無関係と捉えているのだろうか。10年前の南オセチア紛争でゴリはロシア軍による爆撃と占領を受けている。

実際,2010年にゴリ中央広場にあったスターリン銅像が撤去された際には市を二分する議論が巻き起こったようである。*1

 

博物館からタクシーでゴリ駅へ移動。

f:id:qjitai:20200225160625j:plain

16:13発のトビリシ行き(#11)に乗車。運賃8ラリ。オズルゲティ始発の列車(#11)とクタイシI始発の列車(#17)がリオニで連結した編成。ここで初めて気付いたが,駅電光掲示板の時刻は到着時刻であり発車時刻ではないようだ。

f:id:qjitai:20200225160600j:plain

トビリシ行きは左手の島式ホームに到着する。到着前までに渡り損ねると乗車できなくなる。

17:30頃,トビリシ中央駅に到着。

f:id:qjitai:20200225173458j:plain

床屋っぽい看板。街中の生きたグルジア文字ともまもなくお別れ。

空港への路線バス(37系統)に乗車しトビリシを後にした。

f:id:qjitai:20200225213830j:plain

さらばカフカス

カフカス旅行記 8 【アゼルバイジャン】バクー

カフカス旅行記7の続きです。

最初からはこちら(カフカス旅行記 1 【グルジア】トビリシ~ボルジョミ - ながさっちゃんぽん

 

2020/2/24 バクー

 

トビリシからバクーへは僅か1時間だが,Buta航空ではLCCながら機内食が出る。「Cheese or sausage?」と聞かれたので一応複数の選択肢があるらしい。

f:id:qjitai:20200224001817j:plain

Sausageと言って出て来たサンドイッチ。まあ喰えなくはないという味。俺以外の殆どの乗客は機内食を遠慮していた。

1:05,バクー国際空港に到着。アライバルビザの発券機は入国審査前にある。係員が駆けつけて物凄いスピードで勝手に操作してくれるので安心。レシートのようなアライバルビザが発券される。失くさないようパスポートのどこかに貼り付けておくと良い。

入国審査ではアルメニアについて尋問されないか心配だったが,一切なかった。トビリシ空港で出国スタンプが一番後ろの頁に押され,そこにアライバルビザを挟み込んでおいたので,中のアルメニア入出国スタンプが見られなかったのかも知れない。ただし,顔写真ページを見て「Changed?」と訝しまれた。数年前に撮った写真やねんからそりゃ多少は変わるやろと思いつつ「Not Changed.」で特に何もなく通過できた。

空港で両替,SIMを購入。一日なのに29マナト(=1800円)もした。ホテルまでのタクシー運転手曰く街中なら5マナト(=310円)で済んだらしい。何やら面倒なタイプのアクティベートを全部係員がやってくれたので,その手間賃として納得することにした。

2:00頃に投宿し,3:00頃就寝。

 

翌朝9:30頃起床。昨日のタクシー代を請求される。昨日はタクシー代要らんって言ってたやん…。空港で両替したマナトが無くなったので銀行まで15分程歩いて再び現金を手に入れる羽目になった。

10:12,Gənclik駅に徒歩で到着。バクーカード(交通系ICカード)を購入し,メトロで28May駅へ。28May駅はアゼルバイジャン国鉄のバクー駅に相当する。旧ソ聯の地下鉄は核シェルターも兼ねてかやたら深い位置にありがちだが,この駅はそうでもなかった。

バクー駅着後,窓口にてオンライン購入済みのバクー→トビリシ国際列車の切符を受け取る。この日は一日でバクーを観光し,夜にはこの国際列車でトビリシに戻る。バクーは見所がコンパクトに密集しており,半日あれば徒歩で観光できる。

まずはカスピ海沿いへ行ってみることにした。

f:id:qjitai:20200224111151j:plain

何かを作っていた。

f:id:qjitai:20200224113442j:plain

フレイムタワーが見える。

f:id:qjitai:20200224115044j:plain

翩翻と翻る国旗とフレイムタワー。

f:id:qjitai:20200224115859j:plain

絨毯博物館。

ケーブルカーで丘の上に行こうとしたが,駅工事で運休していた。仕方なく階段で丘の上を目指す。

f:id:qjitai:20200224120746j:plain

中々の絶景。

f:id:qjitai:20200224121426j:plain

丘の上はかなり荒れており廃墟感がある。

f:id:qjitai:20200224123617j:plain

殉教者墓地の慰霊モニュメント。殉教者墓地ではソ聯との黒い一月事件やアルメニアとのナゴルノ・カラバフ戦争での犠牲者が追悼されている。今なおアルメニアとの禍根は消えず,両国は現在(2020年2月)も国交を有していない。

f:id:qjitai:20200224125943j:plain

殉教者の小道はフレイムタワーの直ぐ目の前にある。

 

13時頃,丘を下りて旧市街へ向かう。

f:id:qjitai:20200224135637j:plain

ガイドブックなどで「迷路のような」と形容される世界遺産の街並み。しかし一番迷うのは旧市街に入る段階では?(東側から入ると簡単)

f:id:qjitai:20200224145206j:plain

世界遺産・シルヴァンシャー宮殿。世界遺産なので取り敢えず行ってみたが,特に自分の琴線に触れるものは無かった。

f:id:qjitai:20200224140606j:plain

 宮殿に遺されたアルメニアとの戦争での銃創。

f:id:qjitai:20200224155425j:plain

15:09,旧市街東側にある世界遺産・乙女の塔へ。何の為に作られたのかすら不明らしい。名前についても由来不詳で,「乙女の(Qız)」は攻め落とされたことのない防衛施設を意味するという説が有力のようだが,はっきりとは解明されていない。乙女の塔屋上からの眺望は良かったが,良くも悪くもただの塔だった。

f:id:qjitai:20200224175257j:plain

旧市街の東側の一帯は飲食店が密集しており人通りも多かった。ソ聯車も散見される。いい景観。

f:id:qjitai:20200224163839j:plain

遅めの昼食にビリヤニを食べた。ビリヤニより謎の緑色の汁とチャイがめちゃくちゃ美味かった。アゼルバイジャングルジアと違ってあまりこれといった名物料理が浮かばない。飯を食っているとbooking.comから今朝の宿がNo Show扱いになっていると連絡が来た。タクシー代の件といい今朝の宿はハズレだった。宿にbooking.com経由で連絡し,最悪の場合直接赴く事を考えたが,暫くして修正しておくと返事が来た。

一通り観光し終え充電も済んだところで,近郊電車の乗り鉄をしに行くことにした。

f:id:qjitai:20200224182040j:plain

18:20,メトロでバクー駅に戻ってきた。バクー駅はややこしい構造をしている。この写真の建物の中に近郊電車の切符窓口と改札があり,その奥に乗り場がある。国際列車の窓口はこの建物の向かいの建物(メトロの建物との間にある)の一階にある。国際列車の乗り場はこの写真の右手(つまり近郊電車の切符窓口の右手)にある。

Koroğlu駅で降りてメトロで帰って来ようと思い,近郊電車切符窓口で「Koroğlu!」と言うと,「Pirşağı?」と返された。降りる駅ではなく乗る路線の終点駅を言うシステムらしかった。ピルシャギまでの切符を0.9マナト(=56円)で購入。

f:id:qjitai:20200224182936j:plain

改札を通って乗り場に行くと近代的な電車が入線してきた。全車輛ダブルデッカーは壮観。グルジアで走っていたバトゥミ~トビリシの特急電車と同じメーカーの車輛である。

f:id:qjitai:20200224182944j:plain

地元民以外の解読が困難な電光掲示板(後で考えたがPIRはピルシャギ,BAKはバクー,SUMはスムガイト,0H:15は15分後という意味だろう)。発車時刻になっても発車しないのでおかしいと思っていたら別の番線から電車が発車して行った。電光掲示板が読めないので乗る電車を間違えた。ピルシャギ行きが出て行ってからちょうど10分後に発車したので,上の画像から今乗っている電車が18:55発スムガイト行きであることが判明した。

スムガイトまでは三駅しかない。通勤ラッシュで混雑していたが,大半の乗客が一駅目のBilajari駅で降りて行った。乗り心地は大変良く,運行本数の割にしっかり保線されているようだった。車内も清潔だった。

バクー駅を出てから約40分でスムガイト駅に到着。改札にいた老人に誤った電車に乗ってしまった事を切符を見せて何とか伝えると,私を直ちに駅員まで誘導して事情を説明してくれた。駅員に帰りの運賃を支払うと超特急で切符が発券され,もうすぐ(引き返す電車が)出るから急げ!と言われ,その場に居合わせた女の子が先導して案内してくれた。自分の不注意で色々な人に面倒を掛けて申し訳なかったが,スムガイトの人達は親切だった。今度必ず再訪したい。

f:id:qjitai:20200308025002j:plain

19:40スムガイト発バクー行き電車。行きと一転してがらがらだった。車内はこのように対面型固定のクロスシートで,3列版のE215系というイメージに近い。軌間1520mmだけあってやはり車幅が大きい。

f:id:qjitai:20200224194758j:plain

バクー~スムガイトの時刻表。通勤に特化しており昼間は運転されない。運賃は1.1マナト。20:18,バクー定着。地下鉄でIcherisheher駅に移動しフレイムタワーのフレイムを見に行くことにした。

f:id:qjitai:20200224203745j:plain

地下鉄車内は木目調のデザイン。ガラガラだった。

f:id:qjitai:20200224204434j:plain

Icherisheher駅から地上に出たところ。バクーは夜の方が綺麗な気がする。

丘を上り,Pirvənzərəという階段の踊り場でフレイムタワーを鑑賞。

f:id:qjitai:20200224210616j:plain

アゼルバイジャンの国旗を振る人。これが見たかった!

f:id:qjitai:20200224211335j:plain

フレイム。

一頻り満足したところで丘を下り海岸の方へ。ケーブルカー横の階段は夜になると真っ暗で非常に怖かった。iPhoneのライトを懐中電灯にして前方を照らしながら下りた。

f:id:qjitai:20200224214147j:plain

ちょっとした地下歩道がこの高級感,産油国の趣。

f:id:qjitai:20200224214756j:plain

アゼルバイジャン感溢れる一枚。

f:id:qjitai:20200224220105j:plain

夜の旧市街。奥の前衛的なフレイムタワーとのギャップが良い。

f:id:qjitai:20200224220958j:plain

旧市街東側の飲食店密集エリア。夜も人通り・車通りがとても多い。

f:id:qjitai:20200224221924j:plain

夜の方がやはり綺麗。

f:id:qjitai:20200224224939j:plain

22:49,Sahil駅からメトロに乗ってバクー駅に戻ってきた。国際列車窓口の右手にあった電光掲示板を見ると,どうやらバクー~モスクワやバクー~キエフという心躍る国際列車が存在するらしい。調べたが第三国の人間は乗れないらしい。

f:id:qjitai:20200224225252j:plain

プラットホームに上がって来た。トビリシ行きは1番線から23:15発。

f:id:qjitai:20200224225326j:plain

右が23:15発トビリシ行き国際列車。左はアゼルバイジャングルジア国境のBöyük Kəsikまでの夜行列車で23:55発。

f:id:qjitai:20200224225412j:plain

PLはプラットホーム(島)で,YLはそのどちら側かという意味らしい。

自分の乗る号車に行き,係員にパスポートと切符を見せて乗車。今回も二等寝台を利用。一般に二段寝台は高さのある下段が好まれる傾向にあるが,乗車してすぐ横になりたかったので上段にした。下段にしてしまうと,上段の人も眠くなるまでは下段に腰掛けるので乗車してすぐ横にはなれない。

エレバントビリシの二等寝台と違って,上段に下段の寝具もまとめて置かれていた(エレバントビリシは枕以外の寝具は車掌が配りに来た)。一先ず通路上部分のスペースに抛り込み横になった。

エレバントビリシの二等寝台と同じく4人一室のコンパートメントで,私,アゼルバイジャン人,アゼルバイジャン人,グルジア人の4人だった。アゼルバイジャン人二人は国境近くのBöyük Kəsikで降りて行った。

f:id:qjitai:20200224232811j:plain

発車して暫くして車掌がシーツを配りに来た。袋がめっちゃかっこいい。

f:id:qjitai:20200224233935j:plain

シーツを敷くとこんな感じ。枕にもシーツが配られ清潔。コンセントも片側の下段に一つだけあり,全体的にエレバントビリシの二等寝台と比べてレベルが高かった。

f:id:qjitai:20200225065108j:plain

時刻表が廊下に掲出されていた。

車内ではアゼルバイジャン人の老爺とグルジア人の老爺がロシア語で旅の思い出話をしていた。

 

カフカス旅行記9へ続く。

qjitai.hateblo.jp

カフカス旅行記 7 【グルジア】ムツヘタ・トビリシ

カフカス旅行6の続きです。

最初からはこちら(カフカス旅行記 1 【グルジア】トビリシ~ボルジョミ - ながさっちゃんぽん

 

2020/2/23 ムツヘタ・トビリシ

 

エレバンからトビリシ行き国際夜行列車に乗車して6時間程経った3:30頃,目が覚めると列車はアルメニア側国境Ayrum駅に到着していた。3:40,パスポートと切符を用意しておくよう車掌から伝達。3:55,職員がコンパートメントにやって来て出国審査完了。4:10には列車が動き出した。

国境を超え暫くして今度はグルジア側国境サダフロ駅に停車。4:40にパスポートと切符を用意しておくよう車掌から伝達。4:45,剽軽な警察官が来訪し「Welcome to Georgia~!」と言いながらパスポートを回収。5:10,職員が来訪し簡単な荷物検査を実施。その後パスポートが返却された。

アルメニアグルジア間の鉄路国境越えは全体として非常にスムーズだった。国境によっては駅に一旦降ろされたり,コンパートメントの一つを即席のイミグレにして一人一人呼び出されたりするが,アルメニアグルジア間はずっと自分のベッドで待機していれば向こうからやってきてくれるので気楽なものだった。

f:id:qjitai:20200223074236j:plain

7:50,トビリシ中央駅に到着。ちなみに使用したシーツと毛布は降車前に車掌に返却する必要がある(車掌が回収に来たタイミングで渡せばよい)。

駅最上階のトレインビューのスタローバヤで充電を兼ねて休憩。昨晩奇蹟的に取れた飛行機のオンラインチェックインを済ませた。この日は飛行機が出るまでほぼ一日暇だったので,トビリシから少し離れた古都ムツヘタまで行くことにした。

9:15,スタローバヤを出て地下鉄でディドゥベへ移動。トビリシから各地へのマルシュはディドゥベから出ている。

9:39,ディドゥベで物凄い数のマルシュの中を彷徨いつつ,何とかムツヘタ行きのマルシュを発見。場所が本当にわかりづらいので人に聞くしかない。滅茶苦茶だがმცხეთამდე маршрутка სად არის? (ムツヘタムデ マルシュルートカ サダリス?)で充分通じる。*1マルシュの切符はマルシュが停まっていた直ぐ傍で売られていた。運賃は1.5ラリ(=60円)。

トビリシ~ムツヘタのマルシュは需要が高いのか,今まで乗った9人乗りマルシュよりもかなり座席数が多く,外観はミニバスのようだった。幸い私が乗った時には既に殆どの座席が埋まっており,比較的すぐに発車した。

ディドゥベを出て20分程でムツヘタに到着。

f:id:qjitai:20200223101837j:plain

 いい雰囲気。

f:id:qjitai:20200223102112j:plain

 世界遺産のスヴェティツホヴェリ大聖堂。名前を覚えられない。

f:id:qjitai:20200223102511j:plain

 グルジア正教で長らく重要な聖堂である。日曜日だったので中で礼拝が行われていた。

f:id:qjitai:20200223104357j:plain

観光客も続々と訪れていた。

f:id:qjitai:20200223105149j:plain

クラ川沿いの遊覧船乗り場から。 山の頂に見えるシルエットがジワリ修道院。対岸にあるが,近くに橋がないので大迂回を強いられる。

f:id:qjitai:20200223110626j:plain

少し歩いてサムタヴロ教会・修道院に来た。こちらも世界遺産。中に入れるが撮影は禁止だった。

ここからタクシーでジワリ修道院に向かう。少し古い情報だと往復で15ラリ(=600円)と書いてあったが,Yandexで配車すると片道で15ラリだった。客引きのおっちゃんが15ラリで話し掛けてきたので,もしかすると配車アプリより直接交渉して行った方が安くつくかも知れない。

f:id:qjitai:20200223115816j:plain

11:34,ジワリ修道院到着。

f:id:qjitai:20200223115148j:plain

何だか凄い所に来た。

f:id:qjitai:20200223115637j:plain

世界遺産・ジワリ修道院正面。

f:id:qjitai:20200223114718j:plain

 中は礼拝する人と観光客とでごった返していた。

f:id:qjitai:20200223114855j:plain

 ムツヘタ市街の眺望。スヴェティツホヴェリ大聖堂やサムタヴロ教会・修道院が見える。

f:id:qjitai:20200223115201j:plain

 北方向への眺望。

f:id:qjitai:20200223115436j:plain

ジワリ修道院側面。

f:id:qjitai:20200223122118j:plain

12:20,タクシーでムツヘタ市街地に戻ってきた。再びスヴェティツホヴェリ大聖堂へ。

f:id:qjitai:20200223124819j:plain

中に入って聖歌を聞いていると礼拝が終わって奥まで入れた。中はとにかくフレスコ画が凄い。

f:id:qjitai:20200223125206j:plain

巨大なイエスフレスコ画

f:id:qjitai:20200223124958j:plain

お香の煙で聖堂に射し込む光がくっきり見える。

f:id:qjitai:20200223125132j:plain

礼拝ではこの花が添えられた柱に向かって信者が拝跪しその手前の部分に口づけや額づけをしていた。これが「命を与える柱」だろうか。

グルジアを旅行していると人々の敬虔さに驚く。タクシーの運転手は教会や聖堂の前を通り過ぎるだけで十字架を切るし,大抵のマルシュはルームミラーなどに十字架やイエス肖像画をつけている。彼らにとって神の存在は当たり前であり,日常生活にも神の存在が深く根差しているように見えた。

13:20,トビリシへ帰るマルシュに乗車。行きと違って帰りは運賃後払い方式だった。乗り場はサムタヴロ教会・修道院の手前にあるバス停。帰りのマルシュは超満員で立ち乗車だった。ハイエースのような車の中での立ち乗車だったので非常に疲れた。

ディドゥベ到着後,地下鉄でアヴラバリ駅へ。初日に続いて旧市街を観光することにした。

14:12,アヴラバリ駅到着。気になっていた平和の橋へ。

f:id:qjitai:20200223144242j:plain

どういう構造をしているのか外観からは全くわからなかったが,中を覗くと吊橋のような感じに見えた。

f:id:qjitai:20200223143749j:plain

このように上から吊られている。

f:id:qjitai:20200223144416j:plain

変態的構造。

f:id:qjitai:20200223145502j:plain

メテヒ教会前のメテヒ橋。1951年に架けられたアーチ橋。

f:id:qjitai:20200223145527j:plain

いつ見ても綺麗なメテヒ教会。

温泉街を横目に掠め,植物園へ向かった。入園料4ラリ(=160円)。めちゃくちゃ広い植物園なので全てを見て回ることはできない。

植物園はナリカラの丘からも入れるようで,丘へ上がれる階段があった。

f:id:qjitai:20200223153522j:plain

その階段からナリカラ砦。

植物園からちょっと逸脱するが,ナリカラの丘沿いに西へ移動。

f:id:qjitai:20200223154242j:plain

グルジアの母の像。

f:id:qjitai:20200223154508j:plain

手前の鉄塔は何だろうか。碍子が付いているが電線は張られていない。右奥にテレビ塔が見えている。

植物園に戻った。

f:id:qjitai:20200223155857j:plain

なぜ俺はトビリシで登山をしているのか…

f:id:qjitai:20200223160414j:plain

広すぎる植物園。

f:id:qjitai:20200223160533j:plain

これもナリカラ砦の一部だろうか。植物園はナリカラ砦のすぐ裏(南側)にあるので,ナリカラ砦を直ぐ傍で観察できる。

f:id:qjitai:20200223163047j:plain

園内で新郎新婦の写真撮影に遭遇。

f:id:qjitai:20200223163112j:plain

ナリカラ砦が一番よく見える場所だった。北側からだと上の部分しか見えないので,南側ならではの眺望だろう。

f:id:qjitai:20200223164045j:plain

違う地点から。結構奥行きがある。

f:id:qjitai:20200223165739j:plain

温泉街まで下り,奥の滝へ行ってみた。滝よりもその道中の景観の方が面白い。

 

温泉街近くで晩飯を摂ることにした。ヒンカリが美味いというMaspindzeloへ。

f:id:qjitai:20200223174556j:plain

ハルチョー,ヒンカリ(パクチー入り)5個,ヒンカリ(パクチーなし)5個,チャチャ。ハルチョーが物凄く美味しかった。ヒンカリは一つ一つが大きくて汁も大量で,5個でもう腹一杯になった。パクチー入りの方が美味かった。ビールも追加で注文した。

f:id:qjitai:20200223193306j:plain

夜のメテヒ教会。

f:id:qjitai:20200223194055j:plain

夜のナリカラ砦。

そろそろ空港へ向かう。時間に余裕があったので37系統のバスを使うことにした。

f:id:qjitai:20200308001803p:plain

Station Square(トビリシ中央駅)と空港とを結ぶ37系統はアヴラバリからも乗車できる(地図中赤矢印が停留所)。公式サイト(Tbilisi Transport Company)でルートや時刻表が確認できる。ちなみにスマホからだとレイアウトが崩れて閲覧できない。

アヴラバリから空港までは40分くらいだった。渋滞があればより時間がかかる可能性もある。車内は満員で中々坐れなかった。空港利用客・関係者以外の利用も多い。一部座席にはUSB充電ポートが備わっていた。

21:00頃空港着。

Buta航空では受託手荷物だけでなく機内持込手荷物にも運賃が発生する。またオンラインチェックインをせずカウンターでチェックインをするとチェックイン料が発生する。オンラインチェックインをすると,普通の航空会社では受託手荷物がない場合カウンターに行く必要はないのだが,Buta航空では機内持込手荷物の計量が必要なため結局カウンターに行かねばならない。

まずカウンターで機内持込手荷物の重さや寸法が基準値以内であることを確認し,証明書を貰う。次にカウンター右手にあるButa航空のオフィスの窓口に行き,証明書を渡して運賃を支払うと,何かの紙が渡される。最後にそれを持って再びカウンターに行くと,機内持込手荷物にシールが貼られて手続き完了となる。ちなみに運賃支払いはクレジットカード使用可能だった(手数料が別途かかる)。

23:25,搭乗開始。バクーへ出発。

 

カフカス旅行記8へ続く。

qjitai.hateblo.jp

*1:ちなみに「~まで」はグルジア語で -(ა)მდე(-(a)mde)で,日本語とちょっと似ていて覚えやすい。

カフカス旅行記 6 【アルメニア】エレバン・エチミアジン

カフカス旅行記5の続きです。

最初からはこちら(カフカス旅行記 1 【グルジア】トビリシ~ボルジョミ - ながさっちゃんぽん

 

2020/2/22 エチミアジンエレバン

 

7:00起床。Yandexでタクシーを配車しエレバン駅へ。アルメニアはタクシーが非常に安いので気軽に使える。

この日は一日でアルメニアをざっと観光する。午前中はエチミアジンに行くことにした。

エレバン駅でまず今晩乗車するトビリシ行き国際列車の切符を購入する予定だったが,国際列車窓口はまだ空いていなかった。タクシーの客引きのおじさんによると9:00に開くらしい。

取敢えず近郊列車窓口でエチミアジン行きの切符を購入した。エチミアジンにはギュムリへ向かうアルメニア国鉄が一応通っているが,エチミアジン駅はエチミアジンの市街地から途轍もなく遠い(約14kmも離れている)ので,普通はタクシーかバスで向かう。客引きのおじさんにも鉄道はマジでやばいよと警告された。しかし乗り鉄がしたいので敢えて鉄道で行くことにした。

アルメニア国鉄の時刻表は公式サイト(http://www.ukzhd.am/raspisanie/en/raspisanie1.html)上に公開されている。グルジア国鉄と違い詳細に時刻が載っている。

f:id:qjitai:20200222074734j:plain

今晩乗る予定のトビリシ行き国際列車が停まっていた。

f:id:qjitai:20200222075135j:plain

エレバン7:55発ギュムリ行き列車(#684)。残念ながら目当ての流線形車輛ではなかったが,これはこれで味がある。

f:id:qjitai:20200222082930j:plain

車内。簡素ながら落ち着いた雰囲気。

f:id:qjitai:20200222083916j:plain

8:30,霧のエチミアジン駅に到着。霧の中を発車していくエレクトリーチカが恰好良かった。

f:id:qjitai:20200222084234j:plain

重厚な石造りの駅舎。アーチが美しい。

さて駅舎を出てみると本当に何もない。人の気配も全くない。野犬がうろついているだけだった。幸いYandexでタクシーを呼べたので大丈夫だったが(Yandexでも配車に時間がかかった),配車アプリがないと詰んでいただろう。

f:id:qjitai:20200222084934j:plain

アルメニアではソ聯車をよく見かける。

タクシーでエチミアジン中心部へ移動。アルメニア最古の教会であるエチミアジン大聖堂へ。

f:id:qjitai:20200222100523j:plain

どうやって作ったのか皆目見当がつかない石造の門。

f:id:qjitai:20200222091209j:plain

十字架の周りの石は一体どうやって支えられているのだろうか。石の中に鉄筋みたいなものが入っていたりするんだろうか。刻まれたアルメニア文字がかっこいい。

f:id:qjitai:20200222091238j:plain

石を使った曲線美が凄い。

f:id:qjitai:20200222091750j:plain

大聖堂は残念ながら改修中だった。

宝物館が11:00に開くようなので,1時間半程ぶらつくことにした。軽く朝食を摂り,直ぐ近くのガヤネ教会へ。

f:id:qjitai:20200222103251j:plain

ガヤネ教会。

f:id:qjitai:20200222101611j:plain

大聖堂とこの辺り一帯の教会は世界遺産に登録されている。

f:id:qjitai:20200222103406j:plain

荘厳な扉と壁画。

11:00頃,大聖堂の宝物館で見学の受付を済ませた。11:15から宝物館見学ツアースタート。ロシア人の団体と一緒だったので,説明は全部ロシア語だった。

f:id:qjitai:20200222113752j:plain

ロンギヌスの槍。イエスを貫いたといわれる。

ツアー終了後,タクシーでエレバン駅に戻った。朝に買えなかったトビリシ行き国際列車の切符を購入。クレジットカードは不可だった。二等車で13135ドラム(=2928円)と結構高い。

昼飯を喰いに街中へ移動。地下鉄に乗りRepublic Squareで下車。

f:id:qjitai:20200307194725j:plain

 昼飯のチョウザメ。味付けが完璧でとてもおいしかった。

f:id:qjitai:20200222150940j:plain

人で賑わう市場。アルメニア文字のTシャツを購入。

タクシーでアルメニア人虐殺博物館へ。

f:id:qjitai:20200222153837j:plain

道中見えたKievyan橋。重厚なアーチ橋だが,よく見るとコンクリートが剥げて中の鉄筋が丸見えになっている気がする。

肝腎のアルメニア人虐殺博物館は閉館していた。博物館系へ行く際は開館時間を要確認…。

f:id:qjitai:20200222160308j:plain

ツィツェルナカベルトの丘の上にある犠牲者追悼モニュメント。1915年から数年に亙りオスマン帝国は150万人以上のアルメニア人を虐殺したと曰われる。トルコとアルメニアの国交正常化は2009年に漸く果たされたが,タクシー運転手の話などを聞いていると今なおアルメニア人の反トルコ感情は燻っているようだった。

タクシーで展望台へ。

f:id:qjitai:20200222165035j:plain

展望台からの景色も良いが,この展望台自体が趣深くて良い。

f:id:qjitai:20200222170452j:plain

自由広場の方へ一直線に望めるが,その手前に何かの建物の残骸がある。少なくとも3年程この状態で放置されているらしい。

f:id:qjitai:20200222170548j:plain

恐らく昔はその建物へこの階段が繋がっていたのだろう。応急策的にぶち切って壁を作ったように見える。

f:id:qjitai:20200222171110j:plain

重機の姿もなく,手前の鉄筋は完全に折れており,コンクリートの状態を見ても何かを造っているようには見えない。完全なる廃墟である。

f:id:qjitai:20200222172455j:plain

ここから自由広場方向へは巨大な階段がずっと続いている。一定階層ごとにこのようなモニュメントや噴水がある。中に入るとエスカレーターで移動できる。

f:id:qjitai:20200222173740j:plain

下から階段を見上げる。夜に来れば美しい夜景が望めるだろう。

f:id:qjitai:20200222181048j:plain

エレバンを走るトロリーバス

 

アルメニアはセヴァン湖のザリガニが有名である。自由広場から少し歩いてザリガニ食べ放題の店に入ったが,季節外れなのかザリガニは提供していなかった。

晩飯を食べながら明日のトビリシ→バクーの飛行機のオンラインチェックインをしようとしたところ,決済が上手くいかず予約できていなかったことが判明。移動日が日曜日かつ前日ともなると一日二便しかない飛行機はとうに満席で,E-visaを持っていないので列車での入国も不可能であり,アゼルバイジャン行き万事休すかと思われた。一先ず今晩のトビリシ行き列車の払戻のためエレバン駅に急行。

20:30にエレバン駅に着いたが,既に国際列車の窓口は閉まっていた。発車までの一時間の間,航空券に万一キャンセルが出た場合に備えてskyscannerやButa航空公式サイト,アゼルバイジャン航空公式サイトと睨めっこして粘ることにしたが,21:00頃遂に空きが一席出て何とか奇蹟的に予約できた。

クレジットカード決済後の画面の英語はちゃんと読もう…。それっぽい予約番号と画面が出たから決済できただろうと揣摩憶測すると後で大変なことになる。

f:id:qjitai:20200222212101j:plain

トビリシ行き国際列車。朝見た時とは違う機関車に付け替えられていた。乗車口に立っている係員に切符とパスポートを見せ乗車。

21:30,エレバン駅を定刻で発車。

f:id:qjitai:20200223074100j:plain

二等寝台は四人一室のコンパートメントになっている。私の部屋は私,ロシア人の女性,インド人のおっちゃんの三名だった。ロシア人が英語を話せたため,車掌のロシア語を通訳してくれ,言葉の面での不自由が何一つなかった。インド人のおっちゃんが饒舌で賑やかな夜になった。

f:id:qjitai:20200223073806j:plain

ベッドに横になった様子。消灯前にシーツと毛布が配られた。枕は不潔だったが,全体として寝るのに最低限必要なものは揃っていた。だがコンセントは部屋の中に一つもなく,廊下側の黄昏席にしかない。

f:id:qjitai:20200223074119j:plain

廊下側の様子。

この日は列車で熟睡した。

 

カフカス旅行記7へ続く。

qjitai.hateblo.jp